トラックドライバーの仕事は色々ある!それぞれ必要になる免許は変わる?

トラックドライバーの仕事は色々ある!それぞれ必要になる免許は変わる?


大型トラックの長距離ドライバー!どんな免許が必要?

トラックドライバーの求人を見てみると、長距離ドライバーの募集も多く見られます。大型トラックの長距離ドライバーは、様々な荷物を大きなトラックで遠距離運ぶ仕事です。大型トラックを運転するということで、普通免許ではなく大型免許が必要になります。配送ドライバーなどに比べると、運転時間が長くなるので運転が好きな人に向いた仕事といえるでしょう。場合によっては牽引免許が必要になる場合もあります。求人を探す時は、事前にどのようなトラックに乗るのか、何の免許が必要になるのか確認しておきましょう。

個人宅へ荷物を届ける配送ドライバー

通販で買物する人が多くなっていますが、そういった荷物を個人宅へ届ける配送ドライバーの仕事も多くあります。配送ドライバーもトラックを利用することが多いですが、必要になる免許は仕事によって様々です。場合によっては中型免許や大型免許が必要になることもあるでしょう。しかし、普通免許だけでできる仕事も多いです。2t以下のトラックであれば普通免許でも運転できるので、普段車に乗っている人であれば新たに免許を取得する必要はありません。

タンクローリーなど危険物を運ぶ仕事もある!

ガソリンスタンドに行った時に、大きなタンクローリーが停まっているのを見たことがあるかもしれません。タンクローリーはガソリンなどを運ぶものですが、運転するためには危険物取扱者の資格が必要になります。ガソリンや灯油など、引火性液体を取り扱うための資格で、仕事内容によっては必須になる場合があるので注意してください。他には高圧ガスを輸送する時に必要な高圧ガス移動監視者の資格など、運転免許とは別に資格が必要な仕事もあります。

トラックドライバーの求人を探す場合、できるだけ高収入・好待遇の案件を探したいものです。ドライバー専門求人サイトなら簡単に希望の求人を見つけることがきます。

Previous post プラントの施工管理で働くことのメリットと仕事の探し方